自分がケガをしたら被害者請求をする必要がある

万が一自動車事故を起こしてしまった際に自動車の修理費用や事故に巻き込んでしまった方への治療費および慰謝料を負担してくれるというのが自賠責型の自動車保険です、基本的に移動者保険への加入は任意で行うものなので自己責任での加入が必要となります。
そして自動車保険は自分の運転ミスで怪我をさせてしまった相手への治療費だけでなく、運転していた本人が怪我をしてしまった場合であっても保険料が下りるようになっています。
たとえ車両保険などにオプション加入していなくても怪我に関して言えばまず間違いなく保険料は支払われるということを記憶しておくといいでしょう、その上で事故を起こした側であっても適切な被害者請求を出す必要があるという点を頭に入れておいてください。
大抵の場合は電話一本で必要書類の自宅への郵送などが完了しますが、自動車保険会社によっては怪我の程度をかなり入念に調べられるため病院での診療記録などは細かく書き込んでもらうことを推奨します。
せっかく保険に加入しているのにいざという時保険金を受け取らず放置してしまうなどということは無駄そのものだと言えます、事故による怪我は必ず加入保険会社に報告するようにしてください。

コメントは受け付けていません。