自賠責保険の補償範囲

私たちの生活にとって今や欠かすことのできない自動車。
通勤・通学、レジャーや買い物など、日々の生活の足として、または趣味として多くの人にとって必要不可欠なものとなっています。

そんな自動車を安心・安全に乗るために不可欠なのが自動車保険ですが、これには法律で必ず加入しなければならないとされている、「強制保険」である自賠責保険と各保険会社が提供をしている「任意保険」の2種類があります。

強制保険である自賠責保険とは一体どのような内容なのか、強制保険があるのだから任意保険はいらないのではないか、等の疑問や考えをお持ちの方もいると思います。
そこで、自賠責保険の補償範囲について解説をします。

自賠責保険というのは、自動車事故にあった被害者を救済する目的でつくられ、交通事故被害に遭い、死亡や傷害、後遺障害に関する損害を受けた人に対して保険金が支払われます。
死亡の場合は最高3000万円などと、支払額に限度額が設定されているのも特徴です。
加害者に責任がない場合や自損事故などの場合は支払はされず、あくまで事故の被害者を対象としています。

自賠責保険は物損に対しての補償はありませんし、対人補償も有限となっています。
また、自分に対しての補償は何もありません。

もしものことを考え、加入する保険について検討をしておくと良いですね。

コメントは受け付けていません。