障害による損害への補償

自賠責保険では、自動車事故の被害者が身体に一定の障害を負った場合には、その程度に応じて、逸失利益や慰謝料などに相当する金額を保険金として支払うこととされています。
その金額については、神経機能や精神、胸部または腹部が著しく毀損されていて、常時介護を必要とするような状態であれば4,000万円が上限額となり、その他の状態の場合は程度に応じて75万円から3,000万円までの上限額が定められています。
この場合の程度とは、国が定める等級表のどこにランクするかによって決まり、例えば両眼とも失明であれば最高の等級である第1級、片方のまぶたの一部のみの欠損であれば最低の第14級ということになります。
また、将来の収入として得られたはずの金額を補償する逸失利益についても、収入や上記の等級に応じた労働能力の喪失の度合いによって妥当な金額が算出されます。
精神的・肉体的苦痛に対する慰謝料等については、原則として1,600万円が上限額で、こちらも等級に応じて上限額が定められていますが、扶養家族がある場合は増額が認められます。
なお、以上の場合には、自動車事故によるなんらかのケガが原因となって、そのケガが治った後にも、手足や肢体のまひ、身体の一部の切断、失明などの機能の喪失といった永続的な状態が心身に残ったということですので、ケガの治療費については別途保険金として支払われることになります。

コメントは受け付けていません。