既に被害者に何らかの賠償金を払った場合の補償

自動車事故の救済制度である自賠責保険では、保険金の支払いを保険会社に請求する方法として、大きく2つの方法が挙げられます。
1つは、被害者が直接、保険会社に対して損害賠償にあたる金額の保険金の支払いを請求する方法です。治療費や葬儀費などにあてるための費用をできるだけ早く受け取りたいという考えから、実務上はこちらの方法がよく用いられています。
もう1つは、加害者が慰謝料や治療費など、何らかの損害賠償金をいったん立て替えて支払った上で、その金額に見合った保険金を保険会社に対して請求するもので、これを加害者請求と呼んでいます。
この加害者請求については、相手がすでに損害賠償金を受け取っていることを証明するための領収証や、事故の当事者の住所・氏名や保険金の振込先などを記載した支払請求書その他の必要書類を添えて、加害者の側からまず保険会社に請求します。この請求を受けた保険会社では、事故状況や実際の損害の程度などの損害調査を損害保険料率算出機構に依頼して行った上で、その調査結果の報告をもとにして、自賠責保険の保険金の金額がいくらになるかを決定し、その金額を加害者に対して支払うことになります。なお、保険金の金額は国の示した支払基準に従って客観的に決められます。

コメントは受け付けていません。