死亡するまでの障害による損害の定義は?

自賠責保険では、自動車損害賠償保障法の規定に基づく告示によって、どのような事故の場合に、どのような補償が被害者に対してなされるのかがくわしく定められています。
このうち、死亡による損害としては、葬儀費、逸失利益、慰謝料が認められており、なかでも慰謝料には本人の分と遺族それぞれの分の両方が含まれるものとされています。
このような場合、事故により即死したケースのほかに、重大な傷害を負ったり、または後遺障害が残ったりした結果として死に至るケースが存在します。
さきの告示では、傷害の結果として死に至るまでの期間の損害として、積極損害、休業損害、慰謝料について補償されるべきことを規定しています。ここでいう「積極損害」とは、診断料や投薬料、入院料などの治療関係費、診断書作成などの文書料その他の経費のことを指します。事故の当日や翌日などの即死に近いケースについては、積極損害の部分についてのみ補償することを認めるとしています。
さらに、後遺障害の結果として死に至った場合の損害については、これまでに支払われた逸失利益および慰謝料等の金額と、最終的に支払われるべき保険金の金額とを比較して、その差額分についてのみ支払うこととしています。

コメントは受け付けていません。