死亡したときの補償

自動車を運転しているときは必ず自動車保険に入ることが必要です。
車を運転している以上、いつ自分が事故を起こしてしまうかわかりません。
誰もが自分は事故を起こさないと過信していますが車の死亡事故は毎日全国のどこかで起きています。
いつ自分が加害者になってしまうのかわからないのです。
万が一自分が事故を起こしてしまう相手の方が亡くなってしまった場合、保険に入っていれば保証としてある程度の金額がおります。
その人が死んでいなかったらその後稼げたであろう金額が保証され葬儀費も保証されます。
人はいつか亡くなるので葬儀費用まで負担するのはおかしいという意見もありますが事故に合い亡くなってしまった方の慰謝料的な意味合いで支払われます。
亡くなったことでかかってくるお金を保証してもらえますが今はお墓代も支払われます。
もちろん高額な墓石は被害者の一部負担にはなりますがやはり亡くなったことでかかってきた費用なので請求できるのです。
一番は事故を起こさないこと。
少しでも運転に不安を感じたら乗らないことが重要です。
事故を起こしてしまったら自分の人生だけではなく被害者の人生やその周りの人も巻き込む悲しい事故になってしまうことを忘れてはいけません。

コメントは受け付けていません。