後遺障害が残ったらある場合場合の補償

現代社会において、私たちの生活の欠かせないものの一つとして自動車が挙げられます。
自動車を安心・安全に乗るために、多くの人が強制保険である自賠責保険と各保険会社が提供している任意保険の2つに加入をしています。
自賠責保険は交通事故の被害者救済目的でつくられ、事故の被害者で死亡、傷害、後遺障害などに対して、決められた金額を限度額として保険金額が支払われます。

今回は、自賠責保険の保険金支払いに関して、後遺症が残った場合のケースについて解説をします。

交通事故に遭い、後遺症が残ってしまった場合には、障害の等級認定をすることが必要となります。
神経系・精神・胸腹部臓器に障害が残った場合には、軽い14級から重い1級までの障害の程度を医師に認定してもらうことになります。被害者側は誠実な医師に対応してもらうことが重要となりますね。
さらにこの等級とは別に、上記のような障害で看護が必要となった場合は保険金額が変わってきます。
また、看護が必要な場合でもそれが常時必要なのか、随時必要なのかで変わります。
常時看護の場合は最高4000万円、随時看護は最高3000万円となります。
等級ごとの支払金額は1級で最高3000万円~、14級で最高75万円となっています。

コメントは受け付けていません。