ケガをしたのはどちらかで異なる補償の対応

自賠責保険を正しく理解されていますか?自賠責保険とは、強制保険です。法律により、自転車、バイク、原付を運転する際に強制的に加入することが義務づけられている損害保険です。加入していない場合には、1年以下の懲役、50万円以下の罰金を処せられます。また、保険の有効期限が切れて運転している時も同様の処分なのでしっかりと有効期限を確認しておくことが大切です。また、自賠責保険は人身事故のみに対応しており、車が凹んだ、傷がついたなどの物損には対応していません。
自賠責保険は具体的にどのような場面で、必要になるかというとケガ人が出た時です。ケガをされた方が「被害者」させてしまった方が「加害者」となります。被害者の場合には、加害者の自賠責保険を請求する手続きを補償しています。逆に加害者の場合には、被害者の治療費、休業損害、慰謝料、診断書などの文書作成料、後遺症の損害料など、多岐にわたります。被害者が亡くなってしまった場合には葬儀費なども含まれて来ます。
このように、「被害者」か「加害者」かで補償範囲が大きく変わって来ます。万が一のことを考えて加入している保険の補償範囲を理解しておくことが必要です。いざという時に、役立つ強い味方です。

コメントは受け付けていません。